初代タイガーマスク リアルジャパンプロレス オフィシャルグッズ
<営業日>
平日:9:00~17:00
*土・日・祝日及び大会開催日休業
WELCOME!
リアルジャパンプロレス OFFICIAL SHOPへようこそ!
他では手に入らないオフィシャルグッズが勢揃い!
どうぞごゆっくり、お楽しみください!
New Items
ストロングスタイルプロレス サイドロゴTシャツ

ストロングスタイルプロレス サイドロゴTシャツ[rj0114] 

3,300円
リアルジャパンプロレス改め「ストロングスタイルプロレス」のロゴマークがサイドに配置されたTシャツです!こちらは以前リアルジャパンプロレスで右サイドのロ…
初代タイガーマスク「闘神」Tシャツ

初代タイガーマスク「闘神」Tシャツ[rj0115] 

3,300円
初代タイガーマスク「闘神」Tシャツです。フロントにはファイティングポーズのイラストと「闘神」の文字が今空前の大ブームとなっているあのアニメのフォントで…
ストロングスタイルプロレス NEWロゴトートバッグ

ストロングスタイルプロレス NEWロゴトートバッグ[rj0116] 

2,500円
[在庫数 18枚]
ストロングスタイルプロレスNEWロゴマークの入ったトートバッグになります。ちょっとした買い物にちょうどいいMサイズ(W340×H380)となります!
おすすめ商品
初代タイガーマスク「闘神」Tシャツ

初代タイガーマスク「闘神」Tシャツ[rj0115] 

3,300円
初代タイガーマスク「闘神」Tシャツです。フロントにはファイティングポーズのイラストと「闘神」の文字が今空前の大ブームとなっているあのアニメのフォントで…
ストロングスタイルプロレス サイドロゴTシャツ

ストロングスタイルプロレス サイドロゴTシャツ[rj0114] 

3,300円
リアルジャパンプロレス改め「ストロングスタイルプロレス」のロゴマークがサイドに配置されたTシャツです!こちらは以前リアルジャパンプロレスで右サイドのロ…
ストロングスタイルプロレス NEWロゴトートバッグ

ストロングスタイルプロレス NEWロゴトートバッグ[rj0116] 

2,500円
[在庫数 18枚]
ストロングスタイルプロレスNEWロゴマークの入ったトートバッグになります。ちょっとした買い物にちょうどいいMサイズ(W340×H380)となります!
RJPWオリジナルペンダントネックレス(全5種)

RJPWオリジナルペンダントネックレス(全5種)[rj0099] 

2,750円
リアルジャパンプロレス初のオリジナルペンダントネックレスです!デザインは全部で5種類。お好きなものを1つ身に着けるもよし!ジャラジャラと複数つけるもよ…
RJPWスタンダードVネックTシャツ(デニム)

RJPWスタンダードVネックTシャツ(デニム)[rj0081] 

3,850円
リアルジャパンプロレス10周年記念興行の時に発売されたロングヒット商品のVネックバージョンです。薄手の生地になっており、通気性に優れています。 ※ボ…
初代タイガーマスク 佐山サトルのブログ
バサラ
意地をどこまでも通す。
恥を知る。
体を鍛える。

中世期武士道の三代要素と以前書きました。

武士道というと、
江戸時代以降、幕府の朱子学を用いた政策により、

仁義礼智信の「五常の徳」などを使命とするものとなりますが、

実は遠い昔、仏教よりも先に儒教は日本へ入っていたのです。

しかしその思想は貴族の中にはあっても、
武士達までには中々行き届きませんでしたが、
何かしらの影響はあったはずです。

日本書紀には江戸期とは異なり、

和訳された日本式「徳」の解釈がなされています。

忠・仁・義・禮・智・考・誠・信・愛
(長くなるのでここで注釈はしません。いずれ後に)

平安期では、
敗走を続ける主君の首をとり、
敵に寝返ったりすることさえありました。

坂上田村麻呂のように、
難敵、蝦夷のアテルイの命を駆け引きにつかい、

朝廷に嘆願を拒否されたりする、ちぐはぐな時代を経て、

八幡太郎義家の平安後期には、

「バサラ」という思想が武士達に現れます。

これは室町江戸期にカブキ者と同等に言われた、
派手な格好をして傍若無人な振る舞いをするものとは全く違いました。

日本の武士らしい戦闘者の観念が現れ始めたところです。

例えば、
二人の武士がいて、
戦場でどちらかが死んだら、

自分も死ぬという誓いをお互いに立て合います。

すると戦場で一方の武士が殺されるのを見て、

自ら剣を口に差し込み、

馬上から地面に真っ逆さまに、
剣から落ちて死を選んだということです。

また、主君が悪ければ堂々と意見を唱え、殺しさえする事もありました。

義よりも正義を重んじる心を宿していたのでしょう。

武士の時代は流れ、

御恩の思想や、

楠木正成公の様な武将も現れて来ます。

やがて戦乱の時代、戦闘者達は集団的な掟にまとまり、

江戸時代初期まで殉死の風習は絶えませんでした。

忠義の時代の到来です。

そういえば古代、
大和朝廷にまとまる前の、
100の国が戦乱を起こした時代、

戦闘者達の思想はどうだったのか気になりますね。

祭祀を司っていた、物部氏や大伴氏など天孫にゆかりのある人々や祖先は、

どのような思想を勧めていたのでしょうか。

その時代の発掘物は、奈良の博物館に膨大に見られます。

戦闘者達の責任が多いに感じられるのは私だけではないはずです。

ツアーを組んで今度行きましょう。
近くまで私の飛行機で行きます。


戦闘者といえば藤原先生ですが、

前にバサラの話をした時、
「俺もバサラになりたい」

先生は感激されしみじみと語っていました。

またその夜、お酔になられて一升瓶を口にあてがい、イッキをやろうとしていました。

先生に日本酒は絶対にいけません。

周りの皆は恐怖におののき店から避難する大勢に入っています。

私は席が奥だったので逃げられません。

そこで「バサラ!」と大きな声で先生に叫ぶと、

口の中に逆さに宛てがっていた一升瓶の体勢からそのまま、

一気に床に飛び込んだのです。

逆さの一升瓶が正常に戻り、
物理的に飲めなくなった事が、

先生には何が何だか解らなくなった様で、
「酒!」ともぐもぐ叫びながら一人苦しんでおられました。

その隙に私は、
「サラバ」と言い残し店から逃げたのです。







  
Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス